仮想通貨の手数料無料は本当?実質手数料の「スプレッド」とは?

【初心者向け】仮想通貨積み立て攻略~YURIBLOG~

皆さん仮想通貨してますか?

今回は、仮想通貨の手数料に関する記事です。

私は「bitFlyer」という仮想通貨取引所を利用し、bitFlyerかんたん積立で暗号資産を購入しています。

購入に掛かった手数料は、bitFlyerに入金するとき支払った330円のみです。

積立購入に対する手数料は無料となります。

しかし注意してほしいのは、手数料は無料ですが、「スプレッド」という実質手数料が存在しているのです。

スプレッドとは、仮想通貨を売買する際に、相場より高く買わなければならず、相場より安く売られます。

ピンとこない方向けに、実際にbitFlyerの画面を用いて解説するのでイメージしやすいはずです。

【スプレッド画像解説】

①メイン画面で該当通貨をタップ

②相場約315000円で売るをタップ

※相場が約305000円になり約10000円が抜かれています

③相場約315000円で買うをタップ

※相場が約327000円となり約11000円相場より高く買うことになります

画像のように、実際の相場より高いor安い売買をすることになり、差額がスプレッドとして仮想通貨取引所の儲けとなるわけです。

要するにスプレッドが実質の売買手数料の役割をしています。

いかがでしょうか?イメージできましたか?

仮想通貨取引所を選ぶ際には、このスプレッドの差に着目するのもアリかもしれませんね。

ちなみに、私はbitFlyerを選び積立をしていますが、理由は二つあります。

まず、1円から購入できて、積立日が毎日1回・毎週1回・毎月2回(1日と15日)・毎月1回と積立頻度が多彩である。

そして「ビットコイン取引量5年連続No.1」の信頼と実績がある。

特に、信頼と実績は重要で、複雑な仕組みの暗号資産を安定して管理できるbitFlyerは仮想通貨初心者の強い味方になります。

今回は以上となります。

今後もブログ・Twitterで仮想通貨の情報を発信しますのでぜひチェックお願いします。

ゆりのTwitterはこちら→フォローお願いします♡

仮想通貨やっぱり不安という方は、無料でビットコインが獲得できる「ビットコイン版ポイントサイト」がありますので、興味あればこちらの記事も読んでみてください👇

初心者おすすめ!!無料でビットコイン獲得!?ビッコレ登録方法解説

コメント