【完全攻略】初心者向け 超簡単ふるさと納税 楽天市場でポイントGET 楽天ふるさと納税おすすめ

お金│節約

「ふるさと納税」気になってるけど「手続きが難しそう」「調べてもお得かよく分からない」と思っているそこのあなた、この記事を最後まで読めば…

ふるさと納税の「仕組み」「やり方」が分かります。

結論、ふるさと納税は…

  • 申請は納税した自治体におまかせ
  • 税金の先払いでお礼の品がもらえる

「やらなきゃ損」な超お得な仕組みです。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは「参加費2,000円で税金を先払いしお礼をいただく」制度です。

先払いする税金は「所得税」「住民税」で、あなたの「今年の稼ぎ」に対して払う「来年の税金」「今年中に払ってしまう」ということです。

つまり、あなたが結局将来払うことになるお金をただ早期に払うだけで「自治体」から特産物や家電など、「魅力的な返礼品」が送られてきます。

ただし、人によって「上限額」が決まっており、限度額を超えて払わないようにご注意ください。

上限額は簡単にシュミレーションできますので、下記のリンク先で確認しましょう。

寄付上限金額を計算する

ふるさと納税の申請方法(ワンストップ特例制度で確定申告不要)

次に、ふるさと納税の申請方法です。

ふるさと納税の申請は「ワンストップ特例制度」を利用すれば「確定申告不要」で簡単です。

ふるさと納税サイトで、返礼品を購入する際に「ワンストップ特例制度を利用する」「ワンストップ特例制度申請書の送付を依頼する」の項目にチェックを入れて決済すれば、申請書類が届きます。

申請書類が届いたら「本人確認書類のコピー添付」「必要事項にチェック」し期日(1月10日または自治体指定期日)までに返送するだけです。

ワンストップ特例制度の注意点

簡単で便利な「ワンストップ特例制度」ですが「注意点」があります。

  • 5自治体以内の利用であること
  • 確定申告をしないこと
  • 申請期限内で住所変更しないこと

上記の項目を守れない場合、自分で確定申告することになります。

例えば「6自治体利用してしまった…」「医療費控除の確定申告をしてしまった…」「申請後に引っ越しをしてしまった…」などこのような場合は「ワンストップ特例制度」を利用できません。

楽天ふるさと納税がおすすめ

「ふるさと納税」「申請方法」が分かれば、あとは「どのサイト」を利用するかです。

私のおすすめは「楽天ふるさと納税」です。

楽天ふるさと納税は「楽天市場」で多くの返礼品を「検索」「購入」できます。

また、楽天市場で決済すれば「楽天ポイント」がもらえるため「お得」です。

初心者の方は「売れ筋ランキング」を参考にすると良いでしょう。

ちなみに私は毎年「お米」にしています。

お米であれば「保存」でき「食費」も浮くため、かなりの「節約」となります。

【ふるさと納税】20kg さがみのり(5kg×4袋) 上峰町 お米マイスター在籍 ふっくら ツヤツヤ 甘い ブレンド米 佐賀 【送料無料】

楽天ふるさと納税の売れ筋ランキングをチェックする

楽天カードでさらにお得

最後に楽天を利用する際に「必須級」である「楽天カード」をご紹介します。

楽天カード公式サイトを確認する

楽天カードを利用することで、楽天ふるさと納税・楽天市場での「ポイント倍率」が上がります。

もちろん「楽天以外のご利用」でもポイントが貯まるためお得です。

また、楽天カード「新規入会」「初回利用」でなんと「5000ポイント」がもらえます。

この機会に楽天カードをぜひご検討いただき、楽天ふるさと納税を最大限活用しましょう。

\1000ポイント追加でもらえる/

会員登録し楽天カードを申し込む⇐こちらのリンクからお申込みでさらに1000ポイントGET!!

⇩楽天関連のお得情報⇩

楽天モバイル契約で楽天ポイントを貯める

ポチポチするだけスキマ時間で楽天ポイントを貯める

コメント